2008年06月24日

誰もがぐっすりと眠ることを望んでいる。

ようこそ

わたしの愛読書から紹介します。

あるがままに―ラマナ・マハルシの教え

■質問者 (あるがままにp−31)
     
         どういう意味で、

         私たちの真の本性が幸福あるいは至福だと言われるのでしょうか?


 マハルシ:完全な至福がブラフマンなのだ。

           完全な平和は真我に由来している。
     唯一存在するもの、それが意識なのである。
          幸福と呼ばれるもの、それが
        真我の唯一の本性である。
          真我とは完全な幸福以外の何ものでもない。
     幸福と呼ばれるそれだけが存在している。
     その事実を知って真我の境地にとどまり、
          永遠の至福を享受しなさい。

     
     もし外面的な原因や自分の所有するものが

          幸福の原因だと考えるなら、
     所有するものが増えれば幸福も大きくなり、
          所有するものが減るにしたがって
     幸福も少なくなると
          結論づけることは理にかなっていると言えるだろう。
     そうすると、
          もし所有するものが無ければ、
          幸福はありえないはずである。
     実際の体験ではどうだろう?
          それはこの考えと一致しているだろうか?


     深い眠りのなかで、

          人は自分の身体も含めて何も所有していない。
     それにもかかわらず、不幸であるどころか、
          まったく幸せだ。
     誰もがぐっすりと眠ることを望んでいる。
          つまり幸福は本来、人に備わったものであり、
          外的な原因によるものではないということである。
     人に生来、備わった純粋な幸福の扉を開くためには、
          真我を実現しなければならない。


    *ブラフマン:ヒンドゥー教の非人格的絶対神

    *アートマン:真我
   (引用 福間 巌訳 「あるがままに」ラマナ・マハルシの教え)
posted by CodomoRoujin at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

自然な生き方と出会う本

ようこそ

自然な生き方と出会う エヴァ・ブックス

「アメリカ先住民の風をひらく教え」

「断食すればするほど生命の力がわいてくる」

「自宅でも電気がつくれるって知ってますか」など、

さまざまな人が語る自然な生き方を紹介。
posted by CodomoRoujin at 12:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩き、見、感じ、自分の声に耳を澄ます詩人

ようこそ

地球を歩きまくった詩人の詩集です。

ナナオサカキ著


犬も歩けば自分に当たる。


歩き、見、感じ、自分の声に耳を澄まし、


遙かビートの時代から時を、


国を越えて歌う詩人の声。


日本で初めて発刊されたナナオサカキ詩集、待望の復刊。1983年刊の新装。
posted by CodomoRoujin at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

2007年08月27日

「絶頂の危うさ」

絶頂の危うさ78372872.jpg意味深い
タイトルに
気がそそられる。

スナイダー氏の新刊本

興味ある方>>>クリック

 

posted by CodomoRoujin at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする